Bizseek クラウドソーシング比較


Bizseek比較 top画像


 クラウドソーシング比較・詳細
 Bizseek(ビズシーク)の使用感や評判について

矢印 右向お小遣いポイントサイトで収入アップ
矢印 右向クラウドソーシング比較・詳細TOPへ
矢印 右向在宅ワークTOPへ

Bizseek(ビズシーク) logo画像  URL:https://www.bizseek.jp/

星印 画像会社名 株式会社アイランド
星印 画像設立 1999/9
星印 画像所在地 〒163-0528 東京都新宿区西新宿1-26-2 新宿野村ビル28F
星印 画像公式Facebook facebook 公式Twitter twitter

Bizseek(ビズシーク)は、クラウドソーシングサービスです。クラウドソーシング(Crowd Sourcing)とは、Web上で様々な分野の専門家(ワーカー)にアウトソーシングすることができるサービスで、仕事の見積・発注・決済までをWeb上で完結できます。企業は低価格・短納期で発注でき、ワーカーは時間や場所にとらわれずに得意な仕事を選んで受注できる双方にメリットがあるサービスです。企業とワーカーを結びつける新時代のサービスとして注目され、官公庁や大手企業の利用も始まっています。



 Bizseekの特徴と利点


レ点Bizseekは実名制のクラウドソーシングです。受注者の信頼性の高さを保つ事ができます。更に「仮払い」「成果報酬制度」の採用で安心の取引。

レ点web環境さえあれば仕事の依頼・受注・決済まで完了でき、仕事の自由度が高まります。また、多様なカテゴリの仕事に対応しています。50種以上の仕事内容を依頼したり、受注する事が可能です。

point 画像
《仕事を依頼したい方》
依頼は無料です。依頼金額・オプション料金は全て仮払になりますので、登録完了後に指定口座へお振込ください。仮払が完了後に依頼が公開されます。クレジットカード支払の場合は、依頼完了後すぐに公開されます。

point 画像
《在宅ワークしたい方》
プロジェクト方式/コンペ方式から自分のスキルに合った仕事を探せます。利用手数料が低いのも見逃せないポイントです。報酬の支払は、データ納品した作品の検品完了後となります。クライアントの検品完了報告を待ちましょう。検品期間は、データ納品から14日間です。

 Bizseekの利用料金・オプション
 他社と比較して安めの価格設定が魅力的


依頼金額クライアント
(仕事を依頼する方)
ワーカー
(仕事を受ける方)
10万円以下の部分
無料
依頼金額の10%(税別)
10万円超の部分依頼金額の5%(税別)
■計算例
1万円の依頼の場合:依頼金額10,000円−システム利用料1,000円=ワーカー報酬9,000円
30万円の依頼の場合:依頼金額300,000円−システム利用料15,000円=ワーカー報酬285,000円
※税金に関しての計算を除いた式となっております。

有料オプション
Bizseekでは、提案を集めやすくしたり、情報の公開を防ぐことを目的とした有料オプションがございます。 必要に応じてご利用ください。有料オプションに関しては、振込後のキャンセルはできません。
注目オプション:5,000円(税別)Bizseekの仕事一覧において、通常の案件よりも優先して上位表示されます。提案の増加が期待できます。
急募オプション:7,000円(税別)Bizseekの一覧において、最優先して上位表示されます。(注目オプションよりも優先されます。)
短期間で多くの提案を集めたい方におすすめです。
非公開オプション:5,000円(税別)依頼ページや提案ページが検索エンジンにヒットしなくなります。閲覧はログインユーザーのみに限られます。
ログインユーザー以外は仕事の検索一覧に表示される依頼タイトルのみで、依頼の詳細内容は閲覧できません。


 Bizseekを使ってみた
 実名登録は本当か・・・?


Bizseek(ビズシーク)を使用してみた感想は、「まだまだ仕事が少なく、在宅ワーク収入を得るために自由に仕事を探すという訳にはいかないな・・」というもの。2016年5月6日時点で仕事の総数は201件でした。また、下部に表示されている「カテゴリ一覧」をクリックしても反応しない・表示されない。これは「カテゴリ分けするほど仕事が集まっていない」という理解で良さそうです。

在宅ワーカーとして働きたい場合、上記の表に記したとおり利用手数料が低めに設定されている点については、歓迎すべき事ですね。ただ、現状では「仕事が少な過ぎ」て探し甲斐がなく、また仮に仕事が依頼されてもすぐに募集が埋まってしまう「募集終了」状態になり応募できない事が懸念されます。実際に仕事を探してみましたが、ほとんどの案件に関して「終了している」案件でしたから、201件のうち応募できる案件は非常に少ないように思います。

「実名登録」に関しては基本的には良い事だと思いますが・・・イニシャルで登録していたり、ハンドルネーム・ペンネームのようなワーカーさんもいらっしゃいました。「登録名」と「表示名」を別々に設定できるが故でしょうが、「実名登録でクオリティを保証します」というスタンスの割には、その辺りはヌルいのかなと感じてしまいました。実名登録・実名表示で作業クオリティを担保する、という姿勢を明確に打ち出し独自の信頼性・信憑性を確立してゆけば新たな顧客獲得に繋がってゆくのでは、と考えますが余計なお世話でしょうか。



矢印 右向このページのトップへ
矢印 右向在宅ワークTOPへ

- mono space -